2018年11月26日

苛烈

NEC_2203.jpg
左。(天鏡のアルデラミン)
この巻から絵描きさんが変わっちゃった;;
健康上の理由とはいえ、絶対さんばさんの方が良かった。
というか絵がさんばさんだったから入手したんだし。

まぁ内容はいつも、というかいつも以上に激しい戦闘。
中断したくなくなるくらい先が気になって、集中して読んでた。


右。(ぼっちがハーレムギルドを造るまで)
タイトルどおりの、よくある本だと思ったら結構良かった。
というか続きはー?

これも、ぜひ続きを出してほしいラノベリストに入れねば。
ってそんなリストはまだ作ってないけど。
posted by EuroGSK at 20:07| 千葉 ☁| Comment(0) | 小説・エッセイ(2017以降) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

間に合うかー?

2dx、前作はFASTしか出なかったのに、今作はまた前々作同様SLOWしか出ない;;
fast 50 / slow 500とかが普通。
こんな状態で辻斬りとかできるわけがない。

というかさっさとハイスピの方式を戻してほしい。
もう少しサド+上げたい(オブジェの表示範囲を上下に広げたい)んだけど、そうすると緑数字が大きくなって落下速度が落ちるってゆー。


第473回大会 (11/12〜11/16) 250721699311
ドーナツホール(赤8).ダンシング(赤9.3).
1:PRJ-KY  1.973.204
2:*HETARE* 1.954.773
3:GSK   1.917.619
4:KINOPPY 1.898.480
5:GUEST-99 1.761.645
6:N.PON   987.343
エントリーのみ(0点)は省略

第474回大会 (11/18〜11/22) 250721739426
cloche(赤7).GiantOtterFamily(赤9.5)


てゆかボルテ12回プレーかよー;;
3+3+2くらいだと思って気楽にやってたよ。
てゆかボルテに時間とられてたら、emo購入曲の方が間に合わない気がするんだけど;;

というかemoの貯まりかた、きつくね?
1日で50くらい貯まるペースならいいんだけど。
今、北習ファンファンが利用できないようなので、ゲーセン行ける日が減ってるだけに。
posted by EuroGSK at 03:51| 千葉 ☀| Comment(0) | 音ゲー(Rootage以降) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

まだ続く

NEC_2204.jpg
(電波教師)
宗教話が終わって、次はロシアの指示待ち天才少年の話。
posted by EuroGSK at 10:22| 千葉 🌁| Comment(0) | 漫画(2018以降) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEC_2210.jpg
左。(ToLoveるダークネス)
この巻は大人メインだった印象。
というか描き分けのせいか、大人キャラの顔が妙に縦長の気がした。


右。(普通の女子高生がろこどるをやってみた)
やっぱ面白い。
またアニメ見たいなぁ。
posted by EuroGSK at 10:21| 千葉 🌁| Comment(0) | 漫画(2018以降) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

鬼畜イケメン教師

NEC_2199.jpg
(アサシンズプライド)
短編集の方先に上げちゃった;;
こっちの本編のあとに短編集の順。

たまたま一括入手しただけで、実は内容は期待してなかったんだけど。
結構面白かったので、一気に七冊読み続けました。

普段は複数作品を平行して読んでるけど(シリーズものでも、一冊終わると少し気分転換に他のに手を出してしまう)、今回のように、よほど面白いものは続けて読む時もあったり。


まず最初、ランカンスロープ(金毛の獣のライカンスロープではない)とかマナとかワイザードとか、他作品で当たり前のように知ってる語句に、近い(もしくは同じ)表記だけど意味がちょっと離れてる語句が結構あって、慣れるまで紛らわしくて大変でした。

あとは、おぞましい、の多用がちょっと気になった。
おぞましい剣さばきとか、おぞましい速度で疾走したとか。
おぞましいって、怖気がするって意味で、凄まじいの上位互換ではないと思うんだけど;;
…と思って読んでたけど、調べたら同類の意味で合ってるらしい。
知らなかったわ;;

ぷんすか、ふにふに、むーっなど平仮名の擬音が多いラブコメパートと、わりと尺を多めにとってるバトルパートとの落差が大きめで、表と裏がきっちりしてる感じ。


あ、常時夜で、青空は言い伝えにしか無く、街全体を数多の巨大なランタンで照らしてるとゆー世界。
街と街の間は機関車で移動。
街から離れた、ランタンの光が届かない部分は魔物(ランカンスロープ)の世界。

魔物と戦えるのはマナを持つ人だけ。
貴族の血縁者はみんなマナを持つ。
はずなんだが、ヒロインは何故か持っていない。
そこで主人公が家庭教師となって近づき調べ、もし血の繋がりが無ければ暗殺する、という話。

主人公は実は暗殺者。だけどまわりからは鬼畜イケメン教師、と(笑)
posted by EuroGSK at 18:43| 千葉 ☁| Comment(0) | 小説・エッセイ(2017以降) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする